スタッフブログ

下屋敷 沙季

シトロエン HistoryⅡ

[2018/09/22]

スタッフ:
下屋敷 沙季
カテゴリー:
シトロエンについて
皆様こんにちは!シトロエン盛岡の下屋敷です。
いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます。

前回のブログでシトロエンの歴史、創業にいたるまでのお話を
少しさせていただきました。

そして予告した通り、今回は歴代ブランドたちのお話をしていきたいと思います

※あくまで下屋敷チョイスなので、こいつわかってないなー
なんて思う方はシトロエンショールームまでご意見お願いします。


歴代の中ではずせないモデルといえば

TYPE A(1919)
初代シトロエンです!
1919年~1921年まで24,093台生産されました。

ちなみにこの時からシトロエンのタイヤはミシュランだったそうです。

当時スペアホイールやライト類など、はオプションだった装備を
シトロエンは標準装備としただけではなく、同クラスの他社に対し
半額の値段で販売しました。

これにより多くの庶民が手の届く存在になった車になり、暮らしに快適をもたらしました。
次に紹介するのは、シトロエン2CVです

1949年~1990年まで生産されたモデルです。
このモデルは3つの開発テーマがあります。

1.ハットテスト
 シルクハットをかぶった長身の人が乗っても、その帽子が車体の
 どこにも触れないこと

2.籠いっぱいの卵をのせても一つも割れることなく、荒れた道を走れること

3.経済的で安価で4人の大人と50㎏の荷物を時速50㎞でできる限り
 快適に運ぶことができる

このテーマで作られたのが2CVです

特にハットテストがすごくフランスならではだなと感じました。
日本で作るとなるとなかなか想像したり考え付かない発想ですよね。

そしてニックネームが「醜いアヒルの子」
※他にもいろいろあります。

どうしてこんな名前がついたかというと
当時、競合するルノーの750ccリアエンジンの大衆車「4CV」や、プジョーの1クラス上の1,300cc車「203」がすでにデビューしており、それら他社製の戦後型ニューモデルがごく「まとも」な自動車であったので、シトロエンの奇抜さが目立ってしまったためといわれています。
今でもシトロエンは他にない個性的なデザインで人気を集めていますが
この時代から周りにはないデザインを出していたんだなと思うと
さすがとしか言いようがありません。

そして1955年にパリ自動車ショーで生まれたのが

DSです

20年先の未来を見据えた革新的な乗用車として登場
一番の特徴は「マジック・カーペット・ライド」と呼ばれた
油圧サスペンション・ハイドロ
これは有名な話ですね。
ここからDSははじまり、2014年6月にDSブランドとして独立しました。


まだまだたくさんあるのですがこの辺にて失礼します。
今回のブログは基本的な内容ですので
もっと詳しく知りたい方はぜひ調べてみてください。

C4ピカソ☆

[2014/09/08]

スタッフ:
カテゴリー:
シトロエンについて
2004年に発売されたクサラピカソ。
2007年に発売され人気を博したC4ピカソ。
そして2014年、デザインから安全性、パフォーマンスの全てが新しく進化を遂げたC4ピカソがデビュー!


7人乗りor5人乗りかを選べます(^_^)/
☆未来的で個性溢れるエクステリアデザイン
ダブルシェブロンから伸びる2本のラインがLEDデイライトへとつながり、先進性を感じさせるフロントフェイス。ルーフまで広がり視界の良いパラノミックフロントウィンドウが生み出す圧倒的な開放感をぜひ感じてください。


☆使いやすく開放感の溢れるインテリアデザイン
全席シートが独立しているので、ゆったりと座れ広々とした室内空間となっています。また、多彩なシートアレンジが可能です。


楽しみですね!
デビューを待ちきれない方も多いのでは!?
私も待ち遠しくて夢にまで出てきてしまいそう・・・笑


※シトロエンWEBサイトからカタログ請求が可能です


まつざか

DS4

[2013/09/17]

スタッフ:
カテゴリー:
シトロエンについて
シトロエン盛岡のスタッフブログをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。 サービスフロントの山名と申します。

当然ですが皆さまはDS4好きですか? 好きだから、もう乗っているよ!というユーザー様や、もう納車待ちだよ!というカウント
ダウン中のお客様へは、「正直、羨ましいです」 という言葉を送らせていただきます。 というのも、私を含めシトロエン盛岡スタッフの一部が 「やっぱりDS4ってカッコイイ」 と発売から2年も経過している今ごろ、勝手に盛り上がってきているからです。

このブログのガイドライン上、表現は難しいのですが 「アッチよりデザインが好きだ」 とか 「外車感が高くて、アッチはフランス車というより…(自主規制)ですよ!」 「M嶺さん買って下さいよ」 などとスタッフ同士で、夜な夜な長い話になっています。



何度見てもカッコイイ


特に後ろから見るDS4は、 「カッコイイなぁ~」 と羨望の眼差しで見ております。 テールランプやリアフェンダーのからリアドアへのデザインは、過去に色々な車を見てきた私達でも 「衝撃的」 と感じられますね。

衝撃的といえばDS4のサイトも、結構 「衝撃的」 なのを御存知でしょうか? DS4の開発に携わったスタッフを動画で見ることが出来るのですが、各々のコメントは正に 「衝撃的」 です。 それでは動画の中から、私が衝撃を受けたコメントの一部をご紹介しましょう。










まずは









出来上がったモデルを上司に見せたら、反応が良くなく正気でないと思われた ジャンピエールさん


お仕事をされている皆様、上司に 「正気でないと思われた」 という衝撃的な体験がございますでしょうか?

仕事に限らず日本で生活をしていて 「正気ではない」 と他人から思われる人は、なかなかいないと思いますが…
私自身は正常かと思っていますが(どうなんですか!工場長?)










そして、こちらも









背の高いクーペを提案したら、みんなから正気じゃないと思われた トーマスさん


お仕事をされている皆様、職場のみんなから 「正気じゃないと思われた」 という衝撃的な体験がございますでしょうか?

職場のみんなから、そんな言葉を聞かされたら…想像するだけで胃が痛くなってきました。 私自身は思われた事は無いと思っています(どうなんですか!シトロエン盛岡サービススタッフのみんな?)










そして、ふたたび









リアドアを隠す事を提案したら、別部署から無謀だと頻繁に言われた byジャンピエールさん


お仕事をされている皆様、職場の別部署から 「無謀だと頻繁にいわれた」 という衝撃的な体験がございますでしょうか?

私自身、別部署としても頻繁に言われたら泣きそうです(どうなんですか!シトロエン盛岡セールススタッフの皆さん?)


この他にも 「リアドアのデザインに1年近い時間が…」 などという誠には信じがたいエピソードが満載でございます。
パワハラとも受けられる数々の試練を乗り超えてDS4が作られたなんて、もうこれはロマンや愛を感じずにはいられません。





独創的なウォッチストラップデザインとカタログ記載されているシート

またフロントのシートについても、意外なコメントがありました。 オプションではございますが、最高品質のレザーを使用した
ウォッチストラップデザインのシートですが










ウォッチストラップというか










割れた腹筋って言っていいのですか!


ジムに通っている佐々木係長でも、こんな腹筋していませんよ。 というかココは、ウォッチストラップとアピールするポイントじゃないのかと思うのは私だけでしょうか?

フランス語がまったく解らないので良く解りませんが、翻訳ももう少し手を抜いても良いと思うこのDS4のサイト。
皆さまも改めてDS4の凄さを知ってください。 

色・いろいろ

[2012/05/22]

スタッフ:
カテゴリー:
シトロエンについて
シトロエン盛岡スタッフブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
ブログ担当の舘澤でございます。


今日はひとつ、シトロエンのボディカラーについて書こうかと思います。
みなさまは車選びにおいて、ボディカラーを選ぶ事は重要でしょうか?
わたくしの場合は‥ ものすごっく!!重要事項です!!
考えに考え抜いて厳選します。(力入りすぎです。)

同じデザインでもカラーが違うと雰囲気がガラッと変わりますよね。
オシャレなフランス車に乗るのだから、お色も自分らしく素敵な色を選びたくなりませんか?

しかも‥シトロエンのボディーカラーの名前は、ロマンティックなものが多いんです。
一部をお教えしますね。


  • ルージュルシフェール : 悪魔(ルシファー)の赤、ラテン語で「光を帯びたものLux+Fer」、「明けの明星=金星」の別名
  • ブラスク : エジプトの青、スコール、嵐 ; 濃紺系
  • ジョーヌペガス : ペガスス座51番星=太陽に似た黄色い恒星
  • ブルーベリル : オアシスに現れた泉の青、ブルターニュ沿岸の「ベルイル島」
  • ブランバンキーズ : 白の中の白、海氷のような白


こんな意味があったなんて‥なんてロマンティック!そしてドラマチック!!
由来を知ると一気にぶわぁーーっと情景が目前に浮かんで、美しく鮮やかな色が想像できませんか?

岩手が世界に誇る文学者、宮澤賢治も独自の色彩語を多く使用しています。
やはり色彩(語)には、感受性を豊かにする効用があるように思います。


何はともあれ、沢山ある美しい色の中からお気に入りの1色を選ぶのは楽しいこと。
色とりどりのフランス菓子、マカロンの中から可愛くて美味しそうなものを選ぶように、あなたのお気に入りの1色を探しにいらっしゃいませんか?
きっとあなたに似合う素敵な色がシトロエン盛岡にはありますよ!
あー!どれも可愛い!迷う!!